約束手形・為替手形・小切手など手形の事なら大分県の有限会社フレッシュ手形割引事業部へお問合せください。

HOME 会社概要 ごあいさつ

会社概要

ご挨拶

代表取締役 下村晃弘

代表取締役 下村晃弘

私の12年間の業界経験をもとに中小企業のサポーター役として、弊社は平成8年に設立し、手形割引の専門商社として今日まで様々な企業と取引をさせていただき、地場企業から上場企業の振出手形まで幅広く取扱いをおこなってまいりました。お陰さまで今日まで営業を続けてこられたのも皆様のご支援あっての事と心より感謝申し上げます。


中小企業の経営者や個人事業主の資金繰りの中で「銀行の割引枠では足りなくなった。」、「入金ズレにより急に現金が必要になった。」、このような時、銀行ではできないサービスを提供してまいりました。

つまり、「迅速かつ簡素」こそが弊社がお客様に支えられる理由だと考えております。


では、ただ迅速であればいいのか?

答えは「ノー」です。

なぜなら、振出人の与信調査次第で、手形の受取人であるお客様が焦付きを発生させてしまう恐れがあるからです。

振出人の与信判断は、お客様が手形取引をしても大丈夫な企業かどうか、倒産のリスクは低い企業なのかどうかなど経験による膨大なデータベースと正確な判断力をもとに迅速な対応ができるのです。


また、弊社は銀行のように決算書の提出や、保証人、担保といったものも必要ありません。

だからこそ「簡素」なのです。

「迅速かつ簡素」は信頼と実績、つまり、過去の企業データベースに基づき正確な与信判断ができる弊社の究極のエキスであると考えております。


12年間のサラリーマン時代、「企業は生き物」であるとよく聞かされていました。つまり、どんなに大手企業、優良企業であっても経済情勢や諸事情により風邪をひいたり、重い病気にかかったりすることがあるという意味です。


バブルの崩壊、リーマンショック等を目の当たりにして、私もまったくその通りであると感じます。

どんなに優良企業に見えても1年後、2年後はわからないということです。


取引先についての情報はいつも新しい情報を持つ必要があると思います。できればお客様には焦付きなど無くしていただきたいと考えております。


弊社ではいつも新しい情報にアンテナを張り、企業の変化を察知している企業リサーチ力がありますので、是非、最大限にご活用いただきたいと思います。


なかなかデフレを脱却できない昨今、受注を伸ばしても利益をだせない現状を踏まえますと、いかに焦付きを出さないか。

つまり、受注先の選別も非常に重要になってくると考えております。


弊社は手形割引を通して資金面の取引だけでなく、サブの金融機関として全力でお客様をサポートしていくとともに、さらなるサービス向上のため、社員一丸となって取り組んでいきたいと考えております。

ページTOPに戻る